こんにちは、ぱるかです^^

何気なしに今朝TVのチャンネルを回していたら、TBSの「いっぷく!」で驚愕のニュースが流れていました。

米国の大手ペットフード会社2社のうち1社ペットコ(petco)が、今月になって中国産ペットフードを一掃し販売を中止、もう1社も春までに一掃の予定と発表されているそうです。

以前このブログでも、関連ニュースとして中国産ジャーキーは危険の記事を書きましたが、やっぱり・・・です。

やっぱり中国産ジャーキーはあげられない!

Dog-food

・2007年3月

原料が中国産のペットフードを食べた猫と犬が死ぬ=リコール

・2007年9月

FDA(米国食品医薬品局)が中国産チキンジャーキーを食べた犬が病気や死んでいると警告

・2014年5月

FDA 犬の5600匹以上が病気に、1000匹以上が死んだと発表

・2015年1月

米ペットフード大手ペットコ(petco)が中国産ペットフードを一掃

 

TBS「いっぷく!」によると、米国では上記のような流れがあったと説明。

以前から、米国でこの問題があることは知られていましたが、中国産ペットフード販売中止になるとは・・・
いっぷく!の中では、米国での詳しい話はされなかったので、詳しいことは解りません。

米FDAは、中国産ペットフードと犬の病気・死亡との因果関係は明らかになっていないといっています。でも、警告を出しているのですから、犬の病気・死亡の原因の可能性が高いと言っているようなものです。

米ペットフード大手のペットコとペットスマートが販売中止にするということは、中国産ペットフードは危険で大きな問題ととらえている証しともいえます。

私は以前から愛犬に中国産のペットフードはあげないようにしています。

だって、人間が食べるものだって中国産は怪しい感じなのに、ペットの食べ物なんて何が入っているか解らない…という怖さがあります。

中国産がすべて悪い…とは思わないけれど・・・でも、でも、人間もそうですが、絶対に中国産は食べない!と言い切れない社会なので、怖いなぁとつくづく思います。

愛犬の健康を守ってあげられるのは飼い主だけですものね。


⇒ ぱるかに質問、メールしてみる
※ 原則、24時間以内にお返事します。お気軽に送ってください^^