こんにちは、ぱるかです^^

今回は、『森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法』で学べる犬の三大原則(3大ニーズ)についてUPします。

これは犬のしつけを始める前に、やらなくてはいけない大切なことだと森田誠さんはいっています。

犬の三大原則( 3大ニーズ)とは

「動きたい・感情を満たして欲しい・噛みたい」のことです。

この犬の三大原則(3大ニーズ)について焦点を当ててみます。

「犬の動きたいという行動ニーズを満たす」についてimage4057

2008070603-680

犬を毎日お散歩に連れて行ってあげていますか?

私は、毎朝必ず1時間ほど、愛犬と一緒にお散歩をしようと心がけています。

いろんな事情で短いお散歩の日もあるのですが、翌日のお散歩でカットしてしまったお散歩時間を埋め合わせたり…お散歩は、愛犬の健康のためでもあるけれど、デスクワークの自分のためにも必要なことだと思うようにして。

犬たちには「行動ニーズ」という動きたいという欲求があります。

この「動きたい」欲求が満たされないで、運動量が足りずストレスをため込んでしまった子は、家の中で急に走り回ったり、破壊行動に走ったり、やたら吠えたり…と、いろいろな問題行動を起こすようになってしまいます。

ストレスが慢性的にたまり始めると、犬たちは精神を病んでしまい、やがてひどい問題行動ににつながってしまうということです。

犬たちはこのストレスを動くことで解消していたのです。

お散歩したり、公園でボール遊びしたり…外で動きたい欲求が満たされて帰ってくると、犬たちは室内で暴れることなく、落ち着いているようになります。

このことを森田誠の犬しつけ法の中で、理論として学習したときに、自分の愛犬にも当てはまると思いました。私が短いお散歩しかしてあげられなかったときは、お部屋中で走り回って「遊ぼうよ!遊んでよ!」とボールなど持ってきていました。

しっかりお散歩した日は、落ち着いているし、お昼寝も熟睡です。

犬たちは動きたいニーズが満たされないと、ストレスが慢性的にたまってしまう。

できれば毎日お散歩をしてストレスを発散させてあげましょう。もし時間がなく、毎日は無理…ということなら、せめて休日はお散歩の時間を長くとったり、他人に迷惑のかからない範囲でロングリードなどつけて自由にさせてあげましょう。しつけはそれからです。

 「感情のニーズを満たしてほしい」について

犬と一緒に暮らしていると、犬にはとても豊かな表情があることに気が付きます。嬉しい・悲しい・嫌だな・困った・寂しい…

これは、人間と同じ豊かな感情を持っているからこそ、表にあらわれてきます。

親バカならず、飼い主バカの私は、表情が変わるたびにかわいくてなでたり、声をかけたり、抱きしめたりしていました。余りにスキンシップをするものだから、ホントは嫌がられてるかしら…なんて考えたりもしました。

でも、これが愛犬にとってとても大切なことでした。
臆病ではあったけれど素直に育ってくれました。

『森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法』の特徴である “一つの法則” の流れの中の一部分が、「受け止め」であり、それはスキンシップをたくさんしながら愛犬の感情を受け止めてあげることです。

たくさん受け止めて感情のニーズを満たしてあげることで、しつけのベースを作ります。

「噛みたいという行動ニーズを満たしてあげる」について

1歳未満の子犬は、何かとカジカジとかじりたがりますね。私の愛犬も、子犬の頃、両親の家の家具などかじってしまい、母にしかられていました。

犬たちは人が使っている「手」というべんりな手を持っていない代わりに口を使います。母犬は子犬を運ぶ時も子犬の首筋を噛んで運んだり…

小犬たちが噛むことは、口の使い方を覚えるため、歯の成長を促すために必要なことです。成犬になっても歯を健康に保つために、硬い物を噛んだりします。これは甘噛みとは全く別で必要なことなのです。

森田誠の犬しつけ法では、犬たちが噛みたがることを満たしてあげることも、飼い主の大切な役目だと言っています。

ニーズを満たしてあげることで、初めてしつけをする権利が生まれる

森田三の犬のしつけ法を学んでいく中で「犬には大切な三大原則がある」と知りました。

三大原則は、

  • 「犬の動きたいという行動ニーズを満たす」
  • 「犬の感情を大きな愛情で受け止める」
  • 「 犬の噛みたいという行動ニーズを満たす」

犬をしつけるには、犬の3大ニーズを満たす管理をしてあげて、そのうえで初めてしつけを行う権利が人間にできるのだと。

  • 動きたいニーズが満たされていないのに…落ち着きなさい。
  • 感情のニーズが満たされていないのに…静かにして。
  • 噛むニーズがみたされていないのに…噛んだらダメ!

・・・これでは、犬たちにストレスばかりたまってしまいます。
森田誠の犬しつけ法では、この犬の3大ニーズを満たしてあげる必要性や、どのように満たしてあげるかなど、具体的に解説されています。

人間だって、いろんな欲求をすべて我慢しなくてはならなかったら、ストレスでおかしくなってしまいます。気付かないうちに、人間のエゴで、犬たちの欲求を我慢させて、ストレスを貯めさせているのかもしれません。

愛犬の心と飼い主さんの心、両方を満たし、穏やかで楽しい生活を送れたら最高ですね。

本日のまとめ

愛犬をいい子にしつけたいなら、「動きたい」「感情を満たしてほしい」「噛みたい」という3大ニーズを満たしてあげること。

満たしてあげられたときに犬をしつける権利が発生すると考えるとうまくいきます。

check30w森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法の総合レビューと特典案内


⇒ ぱるかに質問、メールしてみる
※ 原則、24時間以内にお返事します。お気軽に送ってください^^