こんにちは、ぱるかです。

今回は、昨日UPした二村有香さんの犬しつけ法と森田誠さんの犬しつけ法を比較してみます。

二村有香さんのDVDを、このサイトの評価基準で考えてみると
総合評価点が4.5になりました。

当サイトの犬しつけランキングの2位にランクインです!
…それにより、これまでの2位以下の犬しつけDVDの順位が一つづつ繰り下がります。

しかも、これまでこのサイトのイチオシのしつけ法は、森田誠さんの犬しつけ法だったのですが、評価☆数だと0.1しか差がつきませんでした。

  • 森田誠さん  ico_grade6_47(4.7)
  • 二村有香さん star-46(4.5)

今回は森田さんと二村さんのしつけ法を比較してみます。

追記2017/03/31

残念ですが、2017年3月31日、「愛犬のマナー徹底改善DVD」の販売は終了となりました。

森田誠さんと二村有香さんの犬しつけ法…3つの大きな違いとは

IMG_1514-2-640

違い1 おやつ

  • 森田誠さんの犬しつけ法は、基本的におやつを使わずにしつけます。
  • 二村有香さんの犬しつけ法は、積極的におやつを使っていきます。

違い2 嫌悪刺激

  • 森田誠さんの犬しつけ法は、“一つの法則”を行うことでしつけをしますが、どうしても必要であれば嫌悪刺激とされるチョークチェーンを使うこともあります。
  • 二村有香さんの犬しつけ法は、絶対に恐怖や威圧感を与える嫌悪刺激によるしつけは、絶対に行いません。

違い3 強制と環境改善

例えば、愛犬がゴミ箱をあさるという行動をとったとします。
そのとき、

  • 森田誠さんの犬しつけ法は、ゴミ箱をあさらないように強制していきます。
  • 二村有香さんの犬しつけ法は、ゴミ箱を愛犬の届かないところへ移動させたり、蓋つきのゴミ箱に変えるなどして、犬が理想的な行動をとりやすい環境に変えていきます。

♣ 森田さんは、愛犬と飼い主さんの間に物を介さずに、直接的な信頼関係を結ぶようすすめていきますが、その過程の中で、どうしても必要であればチョークチェーンを使用ます。

チョークチェーンを使った後は、その刺激によって受けたショック(怖いとか逃げたい…というネガティブな気持ち)をすべて飼い主さんの愛情で受け止めることで、しつけをします。

母犬が子犬にダメとしかって首筋を一瞬噛むようにチョークチェーンの刺激を使うので、犬の心にトラウマが残るような使い方はしませんが、チョークチェーンは嫌悪刺激の一種とも言えます。

愛情による受け止めが足りないと、弊害が出てくる可能性もありますが、DVDの解説の通り、愛情をたっぷり注いであげられれば絆はより深くなります。

独特なしつけ法なので、コツを得るのが少し難しく感じるかもしれませんが、愛犬の様子をよく見て行えば大丈夫です。

♣ 二村さんは、愛犬のしつけていく中でおやつを積極的に使い、犬の心理がポジティブになり、楽しい時間を一緒に過ごすことで信頼関係を築いていきます。

ポジティブな感情から、良い行動を引き出せるため、犬自身も楽しくしつけの練習ができます。飼い主さんの言うことを聞くと必ずいいことがあるということが、愛犬と飼い主さんの信頼関係を育てていきます。

おやつの正しい使い方を知らないとおやつがないということを聞かない子になってしまう可能性もありますが、DVDの解説の通りちゃんと正しい使い方ができていれば大丈夫です。

しつけの方法としては、二村さんの方が簡単に取り組むことができ、飼い主さん自身も楽しくそのしつけの時間を過ごすことができます。

両者の持論は・・・

森田さんのしつけ法も二村さんのしつけ法も、どちらも愛犬飼い主さんとの間にしっかりとした信頼関係を築くことができます。

森田さんのしつけ法も二村さんのしつけ法も、どちらも効果的だと思いますが…

♣ 森田さんの見解では、おやつを使ったしつけは、犬の狩猟本能の働きかけているので、犬の本能ばかり育てていることになってしまうと言っています。

♣ 二村さんの見解では、嫌悪刺激を使ったしつけはネガティブな気持ちがが発生するので、弊害が出やすいと言っています。

真逆です・・・それは、裏を返すとどちらも、一利一害あるということかなと思います。

その一利一害の部分を、森田さんも二村さんもしっかり理解したうえで、
”一害が出ないように、そして一利の部分を伸ばすように” 、工夫されているのだということが、両方のDVDを見ることでよく解りました。

そういった意味でも、私が実際に購入してみた犬しつけDVDの中で、この二つの犬しつけDVDは、他の物よりもずっと優れていると感じます。

ぱるかが思うこんな人に向いている

森田誠さんも二村有香さんも、犬と言う動物に対しての愛情は計り知れないものがあり、どちらも愛犬と一緒にベッドで眠ったり、一緒に暮す中で、「あれはダメ・これもダメ」という規制がほとんどありません。自然体です。
けれども、しつけ方法は全く違うので、そこはよく考えて選ぶ必要があります。

極論で言えば、森田さんの方がしっかりしつけをすることができるのかもしれません。

とくに問題行動がひどくなっているときは、大変有効なしつけ法だと思います。ただ、独特のしつけ法なのと、ときにはチョークチェーンも用いるので、そんなことできないという方もいると思います。

一方で、しつけ法方の容易さで比較すると、二村さんの方が楽しくて取りつきやすい方法です。このブログの中でレビューしている犬しつけ法の中で、愛犬にも飼い主さんにも一番やさしい方法です。優しいだけに、森田さんのしつけより緩い感じの部分はあります。

でも、私の愛犬は子犬のころ、二村さんのしつけ法に近い方法でしつけをしましたが、成犬になったころには、とてもいい子になっていました。

子育てだって、これが100%正解の子育てってないですよね。
それと同じで・・・犬も人も10人十色です。合わないしつけも、合うしつけもある…
これだけが絶対の正解と言うのは無いんじゃないかって私は感じています。

だから簡単に一言では決められないけれど、

♣ しつけの時は愛犬にチョークチェーン使うこともあっても問題行動をしっかり直し良い子にしたいと思うなら、森田さんのしつけ法方がいいでしょう。

♣ 愛犬には、可哀想で絶対に嫌悪刺激なんて使えない、できるだけ楽しく優しくしつけてあげたいと思うなら二村さんのしつけがいいと思います。また、問題行動の予防策をあらかじめしておきたい…と言う場合も二村さんのしつけ方法は有効です。

しつけDVDの作者さんなら、その方法で確実にいい子にしつけができるかもしれませんが、実践するのはあなたなのです。

・・・だからこそ、このサイト運営者のぱるかの思いとしては、
「犬しつけDVD複数購入し、内容を見比べた感想と選び方という記事にも書いていますが、できる限り自分と愛犬にあった、今必要と思うしつけ法DVDを選んでほしいと思います。

しつけを成功させる一番のポイントは、やはりそのしつけ法DVDの作者さんのポリシーに共感できるかどうかと、そのしつけ法を愛犬に対してできるかどうかが大事です。

例えば、絶対に嫌悪刺激なんて与えるしつけは可哀想でできない…と思っているとしたら、嫌悪刺激を使わなくてもいいしつけ法を選ばないと実践できません。

飼い主さんであるあなたが、そのしつけ方に違和感を持たないでできるかということがポイントです。

 

今回のまとめ

森田誠さんと二村有香さん、どちらも愛犬と穏やかに楽しく暮らすことをができるしつけ方法です。

けれども、両者のしつけ方法は全く違うので、どちらを選ぶかとなったときは、どういうしつけ法方かしっかり確認して、できるだけ愛犬と飼い主さん自身が、無理なく実践できる方を選ぶといいと思います。

追記2017/03/31

残念ですが、2017年3月31日、「愛犬のマナー徹底改善DVD」の販売は終了となりました。

check30w森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法の総合レビューと特典案内

check30w二村有香の「愛犬の笑顔が10倍になるRoomy式しつけ法」の総合レビュー


⇒ ぱるかに質問、メールしてみる
※ 原則、24時間以内にお返事します。お気軽に送ってください^^

ぱるかいぬブログ☆最新☆犬のしつけDVDベスト3

※追記(2017/03/31):二村由香の「愛犬のマナー徹底改善DVD」は、2017年3月31日をもって販売終了となりました。

詳しいレビューはこちら
森田誠の愛犬と
  豊かに暮らすためのしつけ法
詳しいレビューはこちら
愛犬のマナー徹底改善DVD
  二村由香の犬しつけ
詳しいレビューはこちら
山本卓の愛犬のしつけ講座